中国留学なら広州市がおすすめの3つの理由

中国語留学をする場合、目的によってどの都市にするか決める人が多いと聞きます。
最も人気なのは、政治の中心である首都の北京か経済発展を遂げた上海ですが、実は中国第三の都市と言われる広州市もおすすめです。



留学に適する理由の一つ目は、ハルピンや大連といった北の方の都市に比べて空気がきれいなこと。

暖房を使う冬場は遠くがかすむほどPM2.5による大気汚染が問題になっている中国ですが、中国でも南に位置する広州は暖房を使う機会が少なく、その分比較的空気がきれいです。二つ目の理由は、広東料理の味付けが日本人の舌に合うことです。

中華料理というと赤くて辛くて脂っこいというイメージがありませんか?広東料理は素材の良さを活かした下ごしらえがしてあり味付けも薄味なので、日本人が受け入れやすいのです。

飲茶の文化があるのも特徴です。

注目のエキサイトニュースに有益な情報の紹介です。

三つ目の理由は、香港に近く鉄道で約2時間で行けるので便利なことです。
貿易都市として栄えているため外国人も多く、若い世代の中国人は英語を話せる割合が高いので、中国語が全くわからなくても英語で意思疎通が可能場合があります。
中国語(普通話)・広東語・英語とマルチリンガルを目指せる環境と言えるでしょう。

また、マカオ・海南島・アモイ・桂林など近場の観光地はもちろん、東南アジア方面にも旅行しやすい地の利があります。



以上が中国留学に広州市をおすすめする3つの理由です。

最後に、緯度は沖縄と同じぐらいで冬は滅多に氷点下になりませんが夏は非常に湿気が高い亜熱帯モンスーン気候なので、じっとりした暑さが苦手な方はご注意ください。